参加するにあたって(必ずお読みください)

・車の方は安全対策をしっかりしていれば、改造等はほぼ自由です。が、人としてのスポーツマンシップやマナーは必ず守ってください!
・エントリー名・車種・型式・車輌名・タイム・写真等はホームページ等で公表します。不可の方はお知らせください!
・主催者の判断でクラス編成が変更になる場合があります。
・主催者、関係者の指示には従うこと。
・車輌規定にそぐわない場合や主催者が不適切と判断した場合、イベントの退場を行う場合があります。
・走行時間の変更・短縮・消滅等があっても、非難・責任追及・損害請求しないこと。
。サーキットの施設等に損害を与えた場合は、責任を持って弁償すること。
・サーキット内で発生した事故・怪我・盗難等は自己責任です。くれぐれも非難・責任追及・損害請求しないこと。


ドライバー

参加ドライバーはヘルメット・レーシンググローブ(指先まで覆うもの)・レーシングスーツ・レーシングシューズが望ましいが、長袖、長ズボン等の肌の露出しない服装で参加すること。
ヘルメットはJIS規格C種以上が望ましい。
シューズは底が薄いのが望ましい。サンダル・半キャップ・軍手は不可。


レギュレーション


車輌(フリー走行)

◆ 高速スピード・スポーツ走行に耐えられる車輌であること。
◆ ホイールキャップ・センターキャップは、かならずとりはずすこと。
◆ 油脂類のキャップ・ドレーンプラグ・ナット・ボルトなどのまし締め、量の点検、飛散防止対策を施すこと。
◆ ヘッドライト・テール・ウインカー等のレンズはテーピングをすること。
◆ 車室・トランク等の不必要な荷物、ジャッキ、タイヤ、工具は降ろすこと。
◆ タイヤはハイグリップ以上Sタイヤまで。(特殊なタイヤも禁止)
◆ タイヤの溝があって亀裂・老化がないか点検すること。
◆ ブローバイガスの垂れ流しは禁止。
◆ 車高の落としすぎやタイヤのはみ出し、マフラーの取り付け不良、フェンダーの接触などがないこと。
※その他にも危険と判断した車両は、参加できない場合があります。わからないことや不安なことは質問してください。


車輌(レース)

走行会クラスの全ての条件を満たし、更に下記を追加する。
■ 出来ることなら4点式以上のロールゲージを装備してください。(強く推奨します) 尚、軽自動車は必ず装着すること。
■ 出来ることなら4点以上のシートベルトを着用してください。(推奨します) 尚、軽自動車は必ず装着すること。
■ 車室内のバッテリー・燃料タンクなどは有効な遮蔽対策を行うこと。
■ 有効なオイルキャッチタンクをそなえ大気開放は不可。
■ 運転席側ドアの材質を変更した場合は、サイドバーの取り付けを義務付ける。
■ 純正の牽引フックの取り付けられないエアロパーツを装着した場合、牽引フックの取り付けを義務付ける。
■ 一部の超ハイグリップなラジアルタイヤはSタイヤとみなす。


TSクラス

TSクラスでは更に上記内容に加え、下記を追加する。
■ 昭和63年までに製造された車輌。(TSクラスのみ)
■ 14インチ以下であればスリックタイヤ、レインタイヤも可能。
■ 過給機装着車は不可。
■ 4点式以上のロールゲージを装備すること。
■ 4点以上のシートベルトを着用すること。
■ 牽引フックの取り付けを義務付ける。
■ オイルキャッチタンク2リッター以上を義務付ける。
■ ラジエターサブタンクの装着を義務付ける。
■ オイルフィルターの固定を義務付ける。
■ ダッシュボード、運転席のドア内張りは安全のため装着すること。
■ ドレンボルトの緩み対策を行うこと。
■ デファレンシャルのブリーダータンクも装着を強く奨励する。
■ エンジンはその車両本来の型式(A○○〜L○○など)であれば自由。
■ ヘルメット・レーシンググローブ・レーシングスーツ・レーシングシューズを着用する。